APAX FBP さば等鮮魚直接輸出、海外産品の輸入貿易サポート


en
JP
  |  ホーム   |  事業内容   |  会社概要   |  お問合わせ   |  リンク  |

事業内容
■中小企業向け貿易実務サポート
人数の少ない会社では、一旦貿易実務でつまずいてしまうと周囲にどうすればよいか聞ける人もいなくて、担当者は困り果ててしまう時があります。貿易実務の指南書はたくさん出ていますし、セミナー等で勉強することも可能ですが、それは自動車の運転を学科だけを勉強していきなり路上に出るようなものです。APAXではOJT(ON THE JOB TRAINING)と同じ要領で、中小・零細企業に直接訪問したり、ネット使って貿易実務に精通した先輩社員が"隣に座っているような"環境をお客様に提供しています。水産物や食品関係、その他、輸出案件で困ったら、先ずはAPAXまでご相談下さい。

★APAXのサポートにより海外との直接貿易が可能になりました。★
● 冷凍のサバ、サンマなどを世界15ヶ国以上に輸出!
● 鮮魚を毎週定期的にアジアの都市へ輸出!(年間200便以上)





■水産・食品業界-イベントで人脈拡大を! 
同業者とはなんとなく会っても話しにくいもの。でも、たまには会社や所属する団体など関係無しで色んな人と話をしてみたくないですか? 諸外国に比べると日本の水産・食品業界はまだまだ社交的な付き合いの場が少なく、同僚や顧客間だけに限定されているようです。

同じ業界やその周辺業界、食材に興味がある人、学生などさまざまな"食を語るのが好きな人"を集めて交流会を実施しています。既に過去に開催した交流会では参加者間で出会った人同士で新しい商売ができています。

           「出会う・語る・創る」

貸切りのバーで軽く飲みながら談笑する"Okigaru_Bar"に続いて、ホテルでの"Okigaru_Party"、商品試食会の開催などさまざまなイベントを企画しています。

特に地方メーカーの方で、首都圏の業界関係者へのアクセス、足がかりを必要とされている方や人脈拡大を目指している方などにおすすめです。 


■海外事業で中小企業を活性化-まずは貿易を知りましょう
"貿易業務は社長しか知らない"
"誰も英語がわからないので、海外から入ったファックスやメールは読まない"
"実務はわからないから乙仲さん任せにしている"
"輸入した商品の品質が悪いが、クレームする方法がわからないので放置"
"トラブル発生、でも誰も周りに助けてくれる人がいない"

こんなことはありませんか?

APAXでは都心会場でのフォーラム・勉強会の他に個別に企業や団体を訪問し、それぞれの事情に合わせた内容で社員の皆さんへ長年の経験と実績から得たノウハウを使い、やさしくわかりやすいこ言葉で実践型貿易実務の教育、講演等を実施しています。

また水産経済新聞にて過去には『魚もナットク誰でもわかる貿易用語』を、現在は不定期で『お気軽の旅』連載を執筆中です。



Copyright© 2008 - 2010 Apax Co.,Ltd. All Rights Reserved.